外出先でネットワークにつなぐときは気を付けてください。セキュリティを強化していないと危険です。

ネットワークに接続する際のセキュリティ
ネットワークに接続する際のセキュリティ

ネットワークに接続する際のセキュリティ

ネットワークに接続する際のセキュリティ
出生先などで、自分のパソコンを他社のネットワークに入る場合があります。ウイルスソフトをインストールして、セキュリティ対策しておかないと、ウイルスに感染してしまう恐れがあります。ウイルスと一言で言っても、数多くの種類があります。ユーザーの操作を邪魔するようなウイルス、パソコン内のデータを徐々に削除していくウイルス、大事なファイルを外部へ漏洩させるウイルスなどいろいろあります。そのままにしていても問題のないウイルスも存在しますが、大半のウイルスはすぐに駆除しないと大変なことになります。ウイルスに感染しても、自分が困るだけと思っている方も多いようですが、それは間違いです。メールで相手に感染することもあります。インターネットに接続していないパソコンでも、USB経由で他のパソコンに感染します。

もちろんウイルスを作成する輩が一番悪いのですが、ウイルスに感染する方にも問題があると思います。インターネットをする人はもちろんですが、パソコンを触る人は全員、セキュリティ強化して、ウイルスを事前にブロックするのが義務です。またウイルスソフトを導入していない方は、早急に導入するようにしてください。私はウイルスに侵されないために気を付けていることがあります。送信者が不明なメールは絶対に開かない、友人から来たメールでも添付されているファイルはウイルススキャンする、ウイルスソフトのパターンファイルは最新にする、怪しいホームページにはアクセスしない、などです。これだけ守るだけで、ウイルスに感染する確率はぐんと下がるはずです。安全で快適なインターネット生活ができるために、一人一人が気をつけて、ウイルスを撲滅できればいいと思います。周りの友人にもウイルスの恐ろしさを教えてあげてください。友人の為でもありますが、自分の為でもあります。私は友人だけでなく、近所の集まりなどがあるときみんなにウイルスの恐ろしさを教えています。


Copyright(c) 2015 ネットワークに接続する際のセキュリティ All Rights Reserved.